なるべく良い人材が欲しい!新卒採用のコツは?

工場の仕事をやるなら残業は覚悟しておくべき?工場の求人では、残業や休日出勤がある可能性についても考えておいたほうがいいです。製造の現場でもノルマがありますが、必ずしも予定通りにノルマを達成できるとは限りません。予定よりも生産状況が遅れている…

なるべく良い人材が欲しい!新卒採用のコツは?


コミュニケーション能力を重視

新卒採用ではなるべく良い人材を採用したいものですが、僅かな時間で全てを見極められる訳ではありません。時には、非常に良いと思って採用した人材でも力を発揮できないまま退職をすることもあります。ただ、コミュニケーション能力は重視しておきたい部分です。どのような仕事でも円滑なコミュニケーションが欠かせませんし、社内はもちろん社外の人とも関わり合うのが普通です。そんな時にほとんど発言できないようだと、評価が高くなることはありません。一緒に過ごして楽しい人が好まれるのは、学校でも会社でも同じなのです。

入社したい気持ちが強い人材に注目

新卒者は、通常色々な会社の面接を受けることになります。一回目の面接で入社が決まる可能性は低く、面接経験を重ねることで場慣れして自分を出せるようになるのです。故に同じ新卒者でも滑り止めのような気持ちで面接に挑む人と、入社を熱望する人に分かれます。もちろん採用する側から見て歓迎したいのは後者で、強い訴えかけがあれば軽視してはいけません。入社を熱望する人材が実際に入社をすると、目標が明確であったりやる気が満ちているので成長が早いのです。

身なりは適切か確認する

基本的なことができているか確認することも大切です。例えば爪をきちんと切っているか、適切な靴下を履いているかなどは、できるできないの問題ではありません。面接は人生を左右する重要な場でも言えるので、そんな時に隙のある格好で挑むのは考え方が甘いと言わざるを得ません。時間をかけて一つ一つチェックすれば、身なりは整うのです。

新卒採用コンサルティングは、新卒採用活動のうえで必要な計画を立案したり、新卒市場の採用動向を調査したりしてくれます。超売り手市場といわれる昨今、企業にとって必要不可欠な存在でしょう。

Go Top